ツネイシLR株式会社

ニュース

神勝寺温泉 昭和の湯の3周年。広島初!?「温泉フリーパス」を限定100名様に販売/かつての銭湯名物サービス「三助さん」復活

2016年2月26日

昭和の湯

神勝寺温泉 昭和の湯の3周年。広島初!?「温泉フリーパス」を限定100名様に販売/かつての銭湯名物サービス「三助さん」復活

神勝寺温泉 昭和の湯は3周年

ツネイシLR株式会社(所在地:広島県福山市沼隈町常石1083番地、代表取締役社長:神原秀忠)が運営する神勝寺温泉 昭和の湯(所在地:広島県福山市藤江町638-1)は、“オープン3周年・春の感謝企画”第1弾として、広島県で初?!となる入浴し放題の「昭和の湯 温泉フリーパス」を販売します。第2弾は、かつて銭湯のサービスとして人気のあった、背中流しの「三助さん」が登場します。

“オープン3周年・春の感謝企画”第1弾は、どの時間帯でも何度でもお風呂に入り放題の入浴手形「温泉フリーパス」を発行します。フリーパスの販売期間は3月1日(火)から3月18日(金)で、ご利用期間は4月1日(金)から4月30日(土)の1カ月間です。

第2弾は、3月4日から毎週金曜日に登場する「三助さん」です。三助さんとは、下町銭湯で行われていた背中流しのサービスで、日本のお風呂文化のひとつです。かつては銭湯の人気メニューで日本唯一の三助さんも今は現役を退いています。その「三助さん」に昭和の湯スタッフが扮し、ハンドベルの音を合図に浴室に登場し、ご希望のお客さまの背中を2人1組で流します。

神勝寺温泉 昭和の湯の3周年春イベントでは「三助さん」など、お風呂ならではのサービスを通じたイベント企画しています。お風呂という場所を通じて、地域のコミュニティーになることを目指し、サービスを提供します。

■ 3周年春企画 第1弾
「昭和の湯 温泉フリーパス」概要
<温泉フリーパス販売について>
お申込み:2016年3月1日(火)~3月18日(金)
販売価格:6,000円(税込)
<ご利用条件について>
利用期間:2016年4月1日(金)~4月30日(土)  終日利用可(10:00~22:00)

■ 3周年の春企画 第2弾
背中流しの「三助さん」実施概要
開 催 日:2016年3月4日、11日、18日、25日(3月の毎週金曜日)
開催時間:各日2回開催 午前・11:00~ 午後・19:00~
※男湯限定の開催となります。 ※無料サービスです。
※ハンドベルの音が登場の合図です。

神勝寺温泉 昭和の湯
http://www.mirokunosato.com/showanoyu.html
[営業時間]10:00-22:00(最終受付 21:00) 年中無休
[入浴料]大人 700円/子ども500円(3才以上から) *タオル・浴衣別途レンタルあり
[所在地] 広島県福山市藤江町638-1 TEL 084-988-1126〈いいふろ〉
昭和30年代の町並みを再現した、ちょっとレトロなテーマパーク温泉「神勝寺温泉 昭和の湯」。単純弱放射能冷鉱泉“ラドンの湯”、低張性弱アルカリ性冷鉱泉“美人の湯”と2種類の源泉が楽しめる露天風呂と内風呂、人気のサウナも完備。男湯には広いドライサウナ、女湯にはドライとスチームの2種類があります。地域の食材を取り入れた食事も充実。

―本件の問い合わせ先―
ツネイシLR株式会社
神勝寺温泉 昭和の湯
広島県福山市藤江町638-1 TEL.084-988-1126
ウェブサイト http://www.mirokunosato.com/showanoyu.html
Facebook https://www.facebook.com/shouwanoyu/

ニュース

 お問い合わせ